抱っこ紐にはいくつかの種類がある!どれを選ぶのが良いの?

抱っこ紐は年々進化してきています。
赤ちゃんの身体をサポートすることはもちろん、ママの身体への負担も考えられて作られるものが多くなってきました。

 

ですから、抱っこ紐を選ぶママさんは、色々な種類があり過ぎて、選ぶのに困っているかもしれませんね。
ここでは、抱っこ紐の種類と使い方についてまとめてみました。

 

横抱き抱っこ紐

横抱きは新生児〜生後6ヵ月頃まで使えます。
赤ちゃんを寝かせた状態のまま、抱っこ紐にに乗せて移動することが出来ます。
お宮参りや、各種健診などの時に、活躍してくれます。
慣れない抱っこの新米ママの強い味方です。
首がすわる前の赤ちゃんのお出かけに、安心、便利な抱っこ紐となっています。

 

対面抱っこ紐

対面抱っこ紐は、縦抱きタイプの抱っこ紐です。
ママと赤ちゃんの顔が向い合せになるので、ママも赤ちゃんも安心です。
赤ちゃんはママの心音を聞くこともで来ますので、余計に安心して抱っこされていると思います。
両手が空いて、お出かけはもちろん、ぐずり泣きや、泣きやまない時などにも使えます。

 

前向き抱っこ紐

前向き抱っこ紐は、縦抱きタイプの抱っこ紐です。
赤ちゃんの顔がママと同じ方向に向いていますので、ママと同じ目線で色々なものを見ることが出来ます。
それによって、赤ちゃんの視界が広がり、好奇心や興味が出て来ます。
腰がすわる生後6ヵ月頃から使えます。

 

腰抱き用

腰抱き用は縦抱きタイプの抱っこ紐で、ママの腰の当たりで斜めに抱っこします。
腰がすわる生後6ヵ月頃からがおススメです。
腰抱きも赤ちゃんの視界が広がるので、赤ちゃんにしてみれば、楽しいお出かけの時間となります。

 

インサートを使用する抱っこ紐

新生児に使用する抱っこ紐は、寝かせたまま抱っこする横抱き抱っこ紐がおススメですが、赤ちゃんの首や頭をサポートするインサートを使用する、縦抱き抱っこ紐もあるんです。
だいたい別売りになっているのですが、横抱き用の抱っこ紐は使える期間が短いので、インサートを合わせることで、縦抱き抱っこ紐として、長く使えるようになるので、
そういった組み合わせもおススメです。

 

おんぶ紐

おんぶ紐はその名の通り、おんぶをするための紐です。
首がすわる生後4ヵ月頃から、使うことが出来ます。
ママの両手が空くので、動きやすく、家事をする時にも重宝します。
赤ちゃんはママの顔が見えないので、ちょっと不安な面もあるかもしれませんが、ママの体温を感じ、ぴったりくっつくことが出来ます。

 

抱っこ紐と言っても、これだけの種類があります。
ママはこの中の種類の中から選ぶことになりますが、一つに絞らないでもいいと思います。

 

対面抱っこ紐とおんぶ紐、2つ揃えて、シーン別に使い分けるなどしてもいいかと思います。
ただ、抱っこ紐も値段が高いものもありますので、一番多く使うであろうもの。
ママの負担にならないもの。
使いやすいもの。
の種類を選ぶのが一番確実ですね。

 

赤ちゃんのいるママには必需品の抱っこ紐。
進化した抱っこ紐で、子育ても楽しく乗り切りましょう。

関連ページ

抱っこ紐はいつまで使うの?抱っこ紐の卒業時期は?
抱っこ紐はいつまで使うことが出来るのか?抱っこ紐はいつまでが目安?
抱っこ紐の洗い方のポイントと注意点!
抱っこ紐に決められた洗い方はあるのか?抱っこ紐の洗い方で気を付けること!
抱っこ紐でも新生児にはコレがおススメ!
抱っこ紐の新生児用はどういうものがある?抱っこ紐の中でも新生児向けの抱っこ紐は違いがある!
抱っこ紐を買う前にレンタルする方法もアリ!?
抱っこ紐をレンタルするには?抱っこ紐をレンタルする手引書!
抱っこ紐で暑さ対策するならこの方法!
抱っこ紐は蒸れてしまいがち、そんな時の暑さ対策はこれ!抱っこ紐で暑さ対策するのは大事なことです!
抱っこ紐の選び方で知っておきたいこと!体型別で決めるのは正解?
抱っこ紐の選び方について知るべきこと!抱っこ紐は選び方が大事!