抱っこ紐で暑さ対策するにはこうしたらいい!

抱っこ紐の悩みの中で多かったのが、夏の抱っこ紐の悩みでした。
夏の抱っこ紐はどうしても蒸れてしまいがちで、その暑さ対策が難しいとの声だったんです。

 

赤ちゃんは体温が高いので、抱っこやおんぶでピタッと密着すると、赤ちゃんだけでなく、ママも汗をかいてしまいます。
赤ちゃんは暑くても、訴える手段を持ちません。
ママが気付いてあげなくてはいけませんよね。

 

抱っこ紐をしている時の暑さ対策には、どのようなものがあるか見て行きましょう。

 

保冷剤を使う

赤ちゃんは自分で体温調節が出来ません。
ですから、工夫して涼しくしてあげなければいけません。
背中の当たりにポケットがついているタイプの抱っこ紐なら、タオルやハンカチでくるんだ保冷剤を入れると、ひんやりして赤ちゃんも快適に過ごせます。

 

ただ、時間が経つと溶けてしまうので、長時間の場合は、揉むと冷たくなるタイプの保冷剤を使うのがいいと思います。

 

抱っこ紐に日よけのケープやブランケットを持ち歩く

暑い日に赤ちゃんとお出かけする時は、だいたいの場合、抱っこ紐に日傘というパターンですよね。
ですが、日傘って片手が塞がってしまいますし、不便なことありませんか?
そんな時には、赤ちゃんにケープをかぶせてあげましょう。

 

でも、それって、余計暑くなるのでは?
と思いますよね。
そんな時に役立つのが、ひんやり素材のアイスブランケットなんです。

 

日よけだけでなく、遮熱効果もあり、紫外線もカット出来て、体温の上昇を防ぐことが出来ます。
アイスブランケットなら、暑い日も赤ちゃんは涼しい環境にいられます。
当然ながら、赤ちゃんには帽子は必須ですよ。

 

水分補給を忘れない

大量の汗をかきますので、水分補給は小まめにしましょう。
赤ちゃんは自分から訴えられないので、ママが気を配って、水分補給をしてあげて、熱中症などから守りましょう。

 

お出かけの時間帯を考える

真夏であろうとも、出かけなければいけない用事はたくさんあります。
その時は出来るだけ、出かける時間帯を考えてみましょう。
朝10時〜午後4時までは、最も気温が高い時間帯です。
もし出来れば午前中か、夕方に、お出かけすることをおススメします。

 

では、実際、抱っこ紐での暑さ対策に使えるグッズなどはあるのでしょうか?

 

夏仕様の抱っこ紐

素材がメッシュで、通常よりも快適に過ごせて、汗や汚れた際には、丸洗い出来る、夏仕様の抱っこ紐があります。

 

冷却シート、保冷剤

専用の保冷シートがついてる抱っこ紐もあります。
シートに保冷剤を入れて、抱っこ紐に取り付けるだけの簡単装備です。

 

遮光ケープ

見た目はかなり暑苦しいですが、アイスブランケットというものがありますので、使ってみると赤ちゃんも快適です。

 

クールマフラー

水に濡らして、首に巻くだけの便利グッズです。
水があれば、何度も簡単に水に濡らして使用出来ます。
これで、だいぶ、体感温度は涼しくなるはずです。

 

汗取りガーゼ

汗取りガーゼを赤ちゃんの背中に入れておくと、着替えが出来ない場合に、汗を吸ったガーゼを取り換えればいいので、赤ちゃんが不快な思いをせずに済みます。

 

夏のお出かけは大変ですね。
ですが、外出しないで済む問題でもありません。
これらの暑さ対策グッズなどを、上手く利用して、夏場を乗り切りましょう。

関連ページ

抱っこ紐はいつまで使うの?抱っこ紐の卒業時期は?
抱っこ紐はいつまで使うことが出来るのか?抱っこ紐はいつまでが目安?
抱っこ紐の洗い方のポイントと注意点!
抱っこ紐に決められた洗い方はあるのか?抱っこ紐の洗い方で気を付けること!
抱っこ紐にはいつくかの種類がある!タイプ別の選び方!
抱っこ紐の種類はどんなものがあるの?抱っこ紐の種類をご紹介!
抱っこ紐でも新生児にはコレがおススメ!
抱っこ紐の新生児用はどういうものがある?抱っこ紐の中でも新生児向けの抱っこ紐は違いがある!
抱っこ紐を買う前にレンタルする方法もアリ!?
抱っこ紐をレンタルするには?抱っこ紐をレンタルする手引書!
抱っこ紐の選び方で知っておきたいこと!体型別で決めるのは正解?
抱っこ紐の選び方について知るべきこと!抱っこ紐は選び方が大事!